自衛隊 結婚 30歳

30歳で自衛官と結婚した私の話

自衛官

 

夫とは12年前学生時代に出会いました。

 

夫が先に私のことを好きになってくれ、告白してくれました。

 

そのとき私はまだ別の人とおつきあいしていました。

 

当然ながら友人以上に感じたことはなく、そのまま1年が過ぎました。
私は、つきあっていた彼と別れていました。

 

そして、その後も変わらず友人関係を続けてくれた夫のことが、気になり始めていました。

 

一緒にいて、ドキドキ感はないけど、すごく落ち着く人で、今までに出会ったことがないほど、自分のありのままでいられる人でした。

 

ふとある日「こんな人と結婚できたら、幸せなんだろうなぁ」って思いました。
しかし、まだ若かった私は結婚はもっと先のことと思っており、すぐに結婚に結びつかなかったのです。

 

まだドキドキするような恋をしたいと思っていました。

 

しかし、夫が他の女の子と仲良くしている姿を見て、ものすごく嫌だったのです。

 

本当に勝手だなと思うのですが、私と一番仲良くいて欲しいと傲慢ながら思っていました。

 

その時に、「私、この人のこと好きかも。」って気づき、逆告白しました。
夫は交際することを承諾してくれました。

 

それから10年間交際しましたが、その間一度も別れたいと思いませんでした。

 

「この人と結婚できなかったら、結婚しなくていいや。いや、結婚できないだろうな。」と思っていました。

 

そして、見事30歳を目前にプロポーズを受け結婚することができました。

 

自衛官の結婚は早いという風に聞いていたのに・・・思った以上に遅かったです笑

 

結婚してからのほうが喧嘩をするようになりましたが、でも離れて暮らすことは考えられません。

 

夫なしの人生は想像できないのです。

 

こんなに夫に依存してしまう私は彼が出動した時にやっていけるか心配になりますが、その時はきっとなんとかやれるでしょう。

 

私は夫といて、幸せになれるかなんてわかりませんが、一つ分かることは不幸にはならないという自信があります。

 

夫と結婚した理由はと問われたら、「一緒にいない人生を想像できなかった」ということだと思います。

 

いろんな恋愛もしてきましたが、そう思えた人は夫たった一人です。

 

彼の人生の時間を、私に分けてもらうことに感謝をし、共に生きていきたいと思っています。

自衛隊,出会い