自衛官 出会い

恋活系で自衛官と出会うためのアドバイス

自衛官恋活系

 

結婚を前提とする男性を見つけるのに恋活系を使うのはちょっと違うんじゃないだろうか?

 

と思われるかもしれないが、決してそんなことはない。

 

恋活系でも運命はもちろんあります。実際恋活系から結婚にいたるカップルは山のようにいますからね。

 

ただし、私が恋活系を使って欲しいと思っているのは、そこで運命の人を見つけるわけではありません。

 

そこでは合コンにつながるような自衛官を探して欲しいと思います。

 

自衛隊ってものすごく横も縦も繋がりの広い組織なので、そこから合コンに持って行きやすいです。

 

まずはたった一人の自衛官を探し当ててから運命の人に繋げていってはどうですか?

 

なんだか恥ずかしいなぁと思ったら、自衛官好きの友達を誘って複数でトライしてください。

 

そうして相手にも合コンをしようと誘ってみてください。

 

もちろん「恋活系に登録したのは合コン相手を探すため」ときっぱりと言ってしまえば良いです。

 

まずは一人自衛官を見つけてそこから合コンに持って行きましょう。

 

自衛官とであった体験談

自衛隊

 

彼とは16歳の時に恋活系サイトで知り合いました。

 

最初はお互いに顔も年齢も言わず、ニックネームで呼び合っていたので会うまでは全く恋愛感情に発展していませんでした。
だんだん仲良くなっていきましたがサイト内でのカレは少しなれなれしいような、軽い話しかただったので「好き」と言われても気にしていませんでした。

 

初めて会おうとなったときも、1対1だと少し不安だったので友人を連れての2対2での初対面になりました。
待ち合わせか場所に車できていた彼を見たときに、あれ。印象と違う。と思ったことを覚えています。

 

車の中にいる彼はとても優しく穏やかそうな、今でいう草食っぽい顔立ちをしていました。
ちょっとドキドキしながら近づくと彼も気がついて車からおりてきました。

 

おりてきたカレは背が高く、すらっとしていてかっこよかったです。
私は緊張しながらもなるべく場をもりあげようとしていましたが2対2でドライブたり食事をしているなかであまり彼は私と目をあわせてくれませんでした。

 

なので、あまり好みじゃなかったのかなと残念に思っていました。
会話をしている中で私より一回り年上の28歳だということがわかり、とても驚きました。

 

まったく見えず、23歳くらいかと思って会話していたからです。
逆に彼も16歳だと聞いて、驚いていました。

 

そして、その日は普通に別れて家に帰ったときメールがきました。
実はあまりにタイプで恥ずかしくて目をあわせられなかったこと、そして年の差はあるけれどまた会いたいので今度は二人でドライブでもどうかとの内容でした。

 

私は好きになりかけていたのでとても嬉しくてすぐにオッケーの返信をしました。
そして約束をした日のドライブデート。
車の運転が好きなようで、タバコをすいながらバックをするときなど16歳の私にはとても大人でかっこよく見えました。
涼しくなってくると気を使って上着をかけてくれたり、ふざけて抱っこをしてまわしてきたりととても楽しかったです。

 

そしてドライブデートの最後に告白されました。
年の差が大きいことが不安だったのですが、とても一回り年上に見えないくらいかっこいいことや、年上の余裕でわがままで子どもっぽい私をとても可愛く思ってくれていました。

 

すべておごってくれましたし、バイトをするなら会いたいからとお小遣いもくれていました。
警察に補導されて16歳と付き合っていうということで彼が警察に事情をきかれたときに「結婚もかんがえています」というと警察も「真剣につきあっているならかまわないよ」と答えてくれていました。

 

彼の家族にも紹介してくれて、友達も一緒にドライブするなど常に一緒にいて幸せをかみしめていました。
ファッションセンスがあまりよくなかったのですが、一緒に美容院に行き、ヘアチェンジして一緒に買い物に行って私好みのコーディネートにしてくれるなど本当に大事にしてもあったと思います。

 

2年間付き合いましたが、浮気なども一度もなく、子どもだった私を連れて楽しい場所や綺麗な場所にたくさん連れていってくれた彼のことは今でもずっと忘れていません。

 

かっこよくて、行動力もあった彼が大好きでした。

自衛隊,出会い