自衛官との出会いは婚活パーティ

自衛隊

 

旦那さんとの出会いは婚活パーティーでした。

 

何度か行っていてなかなかいい人に巡り合わなかったのですが、旦那さんの第一印象はあまり良くありませんでした。それでも学生時代の部活が卓球部で同じだったので、少し話が弾み、夜ご飯を食べに行くことになりました。

 

ご飯を食べている時に彼が陸上自衛官だと初めて知りました。
婚活パーティでであった時は、公務員だとは聞いていたのですが、私はてっきり市役所などで働いているタイプの公務員だと思っていました。

 

彼にどうして自衛隊ということを黙っていたのか問い詰めると、自衛官は人気がないし、嫌いな人も多いから最初の頃は内緒にしておいたほうが良いかと思ったと話してくれました。

 

正直私は自衛隊について悪感情を持っているどころか、国を守ってくれる頼もしい職業だと思っているので、正直やったーと思いましたよ。

 

その時もそこまで好意を持てる感じではなかったのですが、暫くして私が謎の高熱に悩まされ、仕事も休むことになり、病院に行っても原因が分からず熱が下がらなくて落ち込んでいる時にメールで色々と励ましてくれたのが旦那さんでした。

 

2週間くらいしてやっと熱が下がったので、励ましてくれたお礼に夜ご飯に行くことになり、話も弾み付き合うことになりました。

 

今までの彼氏の中では自分の意見が言えなかった私ですが、旦那さんは年下ということもあってか不安なことや気になったことなど、何でも言える関係になりました。

 

旦那さんと初めての旅行で出雲に行った時、冬で雪が降っていて、私の髪に雪が積もっていたのを手で優しく払ってくれる優しい旦那さんでした。エスカレーターに乗る時は私を先に乗せて万が一落ちてもいいようにエスコートしてくれたり、風邪をひいた時はお粥さんを作ってくれる優しい彼氏でした。

 

結婚してからも妊娠してつわりでツライ時は何か食べれるものを探しては買ってきてくれたり、料理をしてくれたり、洗濯をしてくれたりしました。子どもが産まれてからは、育児でストレスが溜まっていないか気にしてくれ、子どもを旦那さんに預けてリフレッシュしに行かせてくれます。

 

喧嘩もするのですが、あたしがなかなか話がまとまらず話ができない時はじっと待ってくれてお互いの気持ちをちゃんと話せるように配慮してくれます。なので、喧嘩をした後はいつも気持ちがスッキリします。いつも仕事で11時、12時とか帰りが遅いのに、休みになると家族で遊びに出かけてくれていいお父さんです。

 

年下の旦那さんで少し頼りない所はありますが、家族のことを守ろうといつも頑張ってくれる素敵な旦那さんです。

 

国も家族も守る良い旦那さんになってくれたと思っています。

自衛隊,出会い